toggle

ホーム > 法人概要 > クオーレについて

あいさつ

理事長挨拶

当クオーレのサイトをご覧いただきまして、誠にありがとうござ います。 特定非営利活動法人クオーレ 理事長の松原克成でございます。 障害のある方々や高齢・疾病などで社会的なハンディキャップの ある方々が、“普通” に、尚且つ “自らの意思” で生活することが できる世の中を創りだすことが私ども法人のミッションです。 設立間もないクオーレには壮大なテーマですが、私をはじめとす る職員や賛同者の方々と共に課題を解決しながら、「隔たりのな い世界つくり」実現のため、一つずつ着実に歩んでいく所存です。
まずは支援者である私どもが、“心身ともに健康” で “心ゆたか” に利用者さんに寄り添うことで、利用者さんやご家族・地域社会 への「幸せの連鎖」を生み出し、クオーレの掲げるテーマに近づ き、前進することと信じております。
職員一同、努力の限りを尽くしてまいりますので、何卒ご指導・
ご支援いただきますようお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 クオーレ
理事長 松原 克成

人とつながり、心をつむぐ。ゆたかな心で隔たりのない世界へ

私たちは、障害者・障害児、高齢者、生活困窮者、触法者など「生きづらさ」を感じている方々が、「可 能な限り自立した生活が送れるような手助け」や「社会的障壁」のない社会を実現する事が法人として の目的です。

「クオーレ」=「心」

「クオーレ」とはイタリア語で「心」という意味があります。
私たちは、スタッフ同士と接する時も、利用者様と接する時も、常に「心と心のつながり」を大切にしていきたいと考えております。
そのためにはまず、法人はスタッフを魅力的に育てる義務があります。

具体的な施策として、
①ワークライフバランスで精神的に・心理的なゆとりを持ち、笑顔で仕事ができる環境を作っていくこと。

②心のゆとりを持つことにより生まれるスタッフ一人一人の「気づき」、「考える時間」、「学ぶ時間」 を大切にし、それらを互いに話し合い、意見を交換・共有し合える機会を設けて各自の教養を高め つつ、「クオーレ」として、統一されたサービスの向上を目指していくこと。

③スタッフの幸せ、スタッフの家族や関係者の幸せを念頭におき、心身共に「健康」でよりよい人生にすること。
これらに努め、スタッフ一人一人が魅力的に輝ける法人であるべきだと考えております。

「心」のゆたかさが隔たりのない世界をつくる

・他人を思いやる心のゆとりや優しさは、どのような時に生まれるのか。
・ささいな事であっても、気付いて手を差し伸べることができるのはどのような時なのか。
それには、私たち自身がまず精神的ゆとりを持っていないと難しいのではないでしょうか。

「クオーレとしての目的」を実現するには、まず支援者である私たちが心ゆたかに、笑顔で接して利用 者様の想いに寄り添い、「一歩」の手助けをしていく事が大切なのではないでしょうか。
「クオーレ」を利用して下さる方々が笑顔になり、少しずつ自信が持てる。 その姿が私たちの支援はもとより、社会や地域に対して貢献できる原動力になると確信して、「ゆたか な心で、隔たりのない世界」を必ず実現していきます。