toggle

ホーム > 就労支援インクル > 就労移行支援について

就労移行支援とは

就労移行支援は、障害者総合支援法に基づいた障害福祉サービスです。実習や訓練を通じて働くために必要な能力を伸ばし、適性にあった職場へのマッチングや
継続的な就労のためのサポートを含めた支援を提供します。

利用できる方

①障害者手帳をお持ちの方(精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、身体障害者手帳)
〈精神障害者、発達障害者、知的障害者、身体障害者〉
  • 発達障害者(アスペルガー症候群・ADHD・学習障害・軽度精神発達遅滞など)
  • 精神障害者(うつ・躁鬱・統合失調症・双極性障害・適応障害・不安症・強迫性障害など)
  • 難病患者(※厚生労働省指定難病に該当する方
②障害についての医師の診断書または意見書をお持ちの方
※お住まいの市町村へお問い合わせください。(インクルでもご相談をお受けしています)

対象者

①18歳以上で一般企業への就労や自身で起業することを希望する方で、就労が可能であると見込まれる方
②65歳未満の方

利用料金

福祉サービスとして、厚生労働省の定めた料金でご利用いただけます。
→福祉サービス利用については、ほとんどの方が料金のご負担なくご利用いただけます。
※詳しくは市町村の担当窓口にお問い合わせください。